不動産取引・賃貸トラブル


不動産売買取引

賃料増額・減額請求

不動産取引・売買契約

不動産取引は、動く金銭が高額であることと、契約の内容が複雑であることから、多くの問題点が起きる可能性があります。自分の理想としていた「いい物件」が見つかったと思って、その物件を手に入れるために細かいことが見えなくなってしまい、後で理想通りではなかったと後悔することがないようにするために、慎重な検討と適切な対策が必要です。

主な問題点

情報の非対称性  売主や仲介業者が持つ情報と、買主が持つ情報には大きな差があります。買主が不利な立場に立たされる原因となり得ます。
不動産の価格評価  中古物件の価値に決まった額は存在しないため、実際よりも高く評価されたり低く見積もられることがあり、適正価格での取引が困難です。
瑕疵の隠蔽と告知義務  物件に欠陥があるにも関わらず、売主が黙ったままで取引が進められる場合があります。後になってから見つかった場合、買主は大きな損害を被ることになります。
法的トラブル  土地の境界紛争、建物の建築基準法違反、権利関係の不明確さなどの法的な問題が取引を複雑化させます。
ローンの問題  購入者がローンを組む際に、金融機関や保証会社の審査に通らない、予想以上の金利が負担となる、ローン期間の長期化などの問題が生じることがあります。
仲介業者の質  不動産仲介業者の質にはばらつきがあり、中には不適切なアドバイスをする業者も存在します。信頼できる業者を見極めることが重要です。
契約書の理解  不動産取引に関する契約書は専門的な用語が多く、一般の人には理解しにくい内容となっていることがあります。契約内容を十分に理解せずに署名することはリスクを伴います。
対策
十分な調査  物件の状態、法的な問題の有無、地域の環境などを十分に調査します。
適正な価格の把握  不動産の市場価格を把握し、適正価格での取引を心がけるます。
契約内容の確認  契約書の内容を専門家に尋ねながら確認し、不明点は事前に解消しておきます。
専門家の活用  弁護士や公認会計士、不動産鑑定士などの専門家に相談し、アドバイスを受けることも必要な場合があります。
不動産取引は、適切な準備と理解があれば、大きな資産価値をもたらす可能性があります。問題点を事前に把握しておき、対策を講じておくことで、リスクを最小限に抑えることができます。
弁護士などの専門家に相談するには費用がかかるので、取引き毎に利用する必要までは感じないと思います。不動産業者も不動産取引については深い知識を有していますし、重要事項を説明する厳格な規制の下にあります。取引を予定している本人も、一般に開示されている路線価や、近隣の他の物件を参考にして調査ができますし、契約書をよく読み、不動産業者にわからないことは質問するだけでも十分な対策となります。
ただし、十分な対策を講じていても、不動産を購入後になって、取引時には気付かなかった欠陥や説明との食い違い、購入動機の齟齬などが原因で、想定外の事態が起こる場合もあります。
こうした問題については、気付き次第早急に行動することが大切です。
契約不適合責任
 契約不適合とは
 契約内容
     詳しくはクリック


賃貸トラブル

住居や店舗、事務所などの利用目的で建物を賃貸したり、建物建築目的で土地を借地する場合にも問題が生じる場合があります。

賃料増額・減額請求
敷金や保証金返還、減額
建物の修繕・原状回復責任
賃料支払い滞納
立ち退き
使用目的や転貸、ペット飼育などについての契約違反
これらのトラブルは、適切なコミュニケーションと事前の合意、契約書の明確化によって予防できる場合が多いと考えられます。またトラブルが発生した場合には、まずは双方が冷静に話し合い、解決策を模索することが重要です。どうしても解決が困難な場合には、法的手段を含めた専門家の助言を求めることができます。
物価や近郊の地価の変動にともなって賃料の増額を検討する場合、正確に適正な賃料を定めるために不動産鑑定士の評価を依頼するとなると予想外に費用が必要になったと感じることがあります。
建物の老朽化などの理由で貸主が立替を考えるとしても、裁判所は、建物で生活している借主の既存の居住権を尊重する傾向にあります。そのため立ち退きに際し、予想外の立ち退き料の支払いとの引き換えが命じられる場合があります。
他にも、不動産賃貸に関しては多様な問題に直面することがあるため、専門家のアドバイスを求めることは賢明な手段です。