不動産・商業登記

不動産登記・商業登記

不動産登記と商業登記は、それぞれ不動産と企業に関する重要な情報を記録し公示するための制度です。第三者に対して公示することで、取引の安全性を担保し、透明性と信頼性を確保します。

商業登記や不動産における相続登記など、一定の場合は義務とされています。
登記手続きは個人で行うことも可能ですが、重要な権利を保全するためのものですから、実体法や手続法に精通した専門家に依頼することが推奨されます。