各種損害賠償請求


不法行為に基づく損害賠償請求

債務不履行に基づく損害賠償請求

不当利得返還請求

各種損害賠償請求

交通事故・犯罪被害など故意、過失による行為によって他人から損害を被った被害者は不法行為に基づく損害賠償請求ができます。
一定の場合に要件を充たすときは加害者に過失がない場合にも認められます。
契約関係にある相手が義務を果たさないとき、債務不履行に基づく損害賠償請求ができます。
法律上の原因がないにもかかわらず利益を会得した人に対して、本来受けるべきであった物は利益の返還を求めることができます。

損害賠償請求のプロセス
証明責任:損害の発生とその額、加害者の責任、因果関係を証明する必要があります。
時効:請求権は一定期間後に時効により消滅するため、期間内に行動を起こす必要があります。
民事執行:裁判で勝訴しても、加害者が自発的に支払わない場合、強制執行によって支払いを確保する必要があります。
民事保全:裁判前に加害者が財産を隠したり処分したりすることを防ぐために、保全手続きを講じることがあります。
損害賠償請求は複雑であり、加害者との交渉や法的な手続きを適切に進めるためには、弁護士などの専門家による支援が非常に重要です。専門家は、損害の証明、適切な賠償額の算定、交渉や裁判の進行、強制執行の手続きなど、損害賠償請求に関わる一連のプロセスをサポートし、被害者の権利を守るために必要なアドバイスを提供します。