行政手続・行政不服審査・行政訴訟


届出・許認可・審査請求・取消訴訟

行政手続
行政手続とは、行政機関が各種許認可や補助金交付、その他の行政サービスを提供する際に従うべき手続きのことです。これには、申請から審査、決定に至るまでのプロセスが含まれます。行政手続法により、これらの手続きが公正かつ透明に行われることが担保されます。

行政不服審査
行政不服審査は、個人や企業が行政機関の処分に不服がある場合に、行政自身に対して審査を求める手続きです。請求自体に費用がかからない利点がありますが、審査をするのが同じ行政であることから公正さが問題視されることもあります。

行政訴訟
行政訴訟は、行政不服審査の結果に満足できない場合や、直接に裁判所に提訴することによって、行政行為の取消し、損害賠償、不作為の違法確認、義務付や差止などを求める手続きです。行政事件訴訟法に基づき、一般の裁判所が行政機関の決定の適法性を審査します。

個人や企業に特定の行為や許認可を求めたり、行政の処分によって不当に扱われたと感じる場合には、これらの手続きを通じて救済を求めることができます。それぞれの手続きには特定の要件や期限があるため、具体的な対応を考える際には専門家の助言を得ることが推奨されます。